2015年7月14日火曜日

スタッフ紹介 小倉聡司


おはようございます!こんにちは!こんばんは!


きみっしょん2年目で今年も記録係を担当する,「おぐ^2」こと小倉聡司です.


簡単に,私の自己紹介,宇宙研にたどり着いた経緯,研究内容をご紹介します.






血液型は「B型」,趣味は「インテリア」,愛犬(↓)の名前は「クー」です.






野良猫のような飼い猫も3匹ほどいますが,名前はまだ知りません..









私が,宇宙研にたどり着いた経緯をご紹介します.



私はもともと,宇宙関連の研究がしたくて立教大学理学部物理学科に入学しました.

入学後,「宇宙関連の研究の中でも,自分はどんな研究がしたいのか」をはっきりさせるために,様々なイベントに参加しました.

KEKサマーチャレンジ,国立天文台スプリングスクール,種子島宇宙センタースペーススクール,,,



そうしているうちに,「自分は宇宙開発がやりたい! 中でも,軌道設計に関わりたい!」と思うようになっていました.



軌道設計を志すようになってから,学部3年のときに参加した「深宇宙探査学シンポジウム」で,人生が変わりました.

私はそこで,軌道設計・ミッションデザインを専門としている川勝先生(宇宙科学研究所の先生)に出会い,大学院の修士課程では,川勝先生の研究室で研究に取り組みたいと思うようになりました.



私は貪欲だったため「修士だけではなく,学部の卒業研究も川勝先生のところで取り組みたいな」と思いました.

立教大学の先生や川勝先生に話をしたところ,願いは通じ「技術研修生」として学部の卒業研究を川勝先生のもとで取り組むことができるようになりました.



こうして,私は宇宙研にたどり着きました.






現在でも,学部の卒業研究でお世話になった川勝先生のところで大学院の修士課程を過ごしております.

川勝康弘研究室: http://kawakatsu.isas.jaxa.jp/

所属は,東京大学大学院新領域創成科学研究科先端エネルギー工学専攻になります.



研究は,「低推力軌道最適化」に取り組んでいます.

はやぶさ」は,「イオンエンジン」と「地球スイングバイ」を駆使してイトカワまでたどり着きましたが,まさにその軌道を設計するような研究をしています.


黄道面基準太陽中心慣性座標系

黄道面基準地球中心回転座標系

青曲線:探査機軌道
緑曲線:地球軌道
赤ベクトル:推力ベクトル

四角い地点から出発し,円い地点で再会合






宇宙研にて,皆さんにお会いできることを心待ちにしています.







P.S. そういえば宇宙研には,ときたまモフモフなヌコが現れます.会えるといいですね.