2015年7月6日月曜日

スタッフ紹介 小西慎吾

はじめまして!
きみっしょん2015スタッフの小西慎吾です!



趣味はトロンボーンで、いろんなところでジャズやファンク、たまに吹奏楽等をやっていました。
色が黒いのでよくスポーツしている人のように見られますが、球技はまったくできません。
投げればすっぽ抜け、蹴れば場外、打てば空振り。
そんな感じです。

顔があのKaba.chanに似ているのでカバちゃんと呼ばれています。ぜひそうお呼びください。



【研究】
現在は東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻 稲谷研究室に所属しています。



突然ですがみなさん、いま宇宙に物1kgを運ぶのにどのくらいのお金がかかるか知っていますか??

5000円?3万円??



いえいえ、100万円です。


100万円です。



なんでこんなにかかるんでしょうか?


ここでロケットの値段について考えてみましょう。

ロケットの値段は一機当たり数十億円~数百億円です。
これはおおよそ飛行機一機と同じ値段なんです。

飛行機と同じならそんな高くないな、と思った方もいるでしょう。

ですが、飛行機とロケットには大きな違いがあります。


ロケットは、使い捨て


飛行機は数千~数万回の飛行ができるのに対し、ロケットは1回ぽっきりなんです。

打ち上げたらさよなら。ゴミになります。

だからその分膨大なお金がかかるんです。

じゃあロケットも、飛行機のように繰り返し使えるようにできれば、より安く宇宙にものを運ぶことができるんじゃないか、
ということで、ロケットを再使用化するための研究が今盛んになされています。

その中で私は、どうしたらロケットを垂直に燃料消費を抑えながら着陸させることができるか、という研究をしています。


【宇宙研に来た理由】
私は幼い時からずっと飛行機が大好きです。空からの普段は見ることのできない景色が大好きなんです。
それと共に、なんでこんな大きい金属の塊が空を飛ぶんだろうといつも思ってました。
その興味から、大学でも航空宇宙工学専攻を選んで、好奇心を満たしてきました。
航空宇宙工学専攻では、飛行機だけではなく宇宙機(ロケットや衛星等)も勉強することになります。
その中で宇宙工学を勉強しているうちに、宇宙は人類のフロンティアだなと感じて、興味が宇宙機に移っていきました。
それで、宇宙工学の最先端に触れられる宇宙研で研究活動をしたいと思ったのがきっかけです。


【きみっしょん】
きみっしょんでは生活サポート係として、皆さんが楽しく5日間を過ごせるよう影武者を務めます。



きみっしょんは、参加者の皆さんの人生に大きな影響を与えるに違いないです。
そうなるよう私も精一杯頑張ります。

ぜひ当日お楽しみに。
宇宙研でお会いしましょう。